Date

2015年3月25日

plein de

気がつくともう20年の付き合いになるplein deさんが久々にお店を出されました。

plein de プラン ドゥ

札幌市中央区大通西15丁目3-6 土井ビル1階

11:00〜19:00 無休

DSCF3713

 

95年の夏に私は東京から北海道に戻りました。

実は戻る少し前からplein deさんには私の作る鞄を少し扱ってもらっていたのです。札幌で最初に販売していただいたお店です。

 

DSCF3694

私の鞄を扱ってもらったことがあるとはいえ、こちらはアンティークショップ。

 

フランスの古いドアノブ いいなぁ。

DSCF3714

ヨーロッパのクールなものと日本のものが混在しています。

DSCF3696

こういう照明には弱いなぁ。

いいなぁ。

こんなので、手元照らして作業したい。

DSCF3698

無骨な糸巻き。

ミシンの下糸を巻くのに、意味もなくこいつを使いたいと思ってしまいましたがガマンガマン(笑)

DSCF3699

このピーターパンのシャツ、サイズが合えば(笑)

スタンドもいいなぁ。これに、古い鞄のカタログとかレイアウトしたい。

DSCF3700

使い込まれた様々なものがオブジェとなりセレクトされています。

左側のは昔の歯医者さんのリューターかなぁ。これ、いいなぁ。欲しいなぁ(笑)

DSCF3701

ちょっと和な感じの奥には・・・

DSCF3703

いいなぁ、この空間。

元はお風呂場だったとか。

DSCF3704

 

棚の上のスチールのボックス。

端革入れておくのにいいなぁ。揃ってあるとたまらない。

DSCF3705

古いビル。

こんな注意書きの小さな立て看板。

DSCF3706

あら、こんな船舶時計。

うちのお店ではこんなのを使っていますが、こちらのこのスモールセコンドのついたSEIKOSHAのやつはいいですねー。

DSCF3709

はぁ。

危険地帯。

 

最近でこそクールなアンティークショップも増えましたが、20年前からこういったカッコよさを札幌で現してきたplein de

好きなお店です。

DSCF3716

 

ちなみに今日の出会いで連れきたのは・・・・

DSCF3718

ちょっと小ぶりの古いヨーロッパの車掌バッグなど・・・・