Date

2008年4月9日

いのちの食べかた

月曜日は軽く残業をしてから映画を観てきました。
近所のシアターキノさんで「いのちの食べかた」を観てきました。

Rimg0011

思っていたよりは淡々とした映画でした。
淡々としているがゆえ、心に残った思いは当初思っていた以上かも知れません。
毎日食べているもの、思い返し向き合ういい機会になったと思っています。

牛の皮の身ぐるみを剥ぐシーン。
私はこの映画は観なければいけなかったのだとあらためて思いました。

この映画自体の指し示す事とは少し異なるのかもしれないけれど、二十代の頃知り合いから聞いたけれど観る機会を持たなかった「人を喰うバナナ」(スライド)を観ておくべきだったという思いが頭を過っています。